親知らずを早期に抜歯する必要性について

親知らずとは、大臼歯の一番奥に生えてくる第3大臼歯のことで、中には生まれつき存在しない人もいます。顎のスペースはすでに生えている歯で埋まっているため、親知らずが生えてくると他の歯に悪影響を及ぼします。親知らずは横や斜めなどのさまざまな方向に生えているので歯みがきがしにくく、むし歯や口臭の原因になってしまうこともあります。

親知らずを早く抜いた方が良い理由

親知らず

親知らずは18歳前後から生えてくるので、20代前半までに抜歯するのがおすすめです。

年齢を重ねるにつれて歯は硬くなるため、親知らずを抜くタイミングが遅くなるほど抜歯に時間がかかるようになります。また、20代と30代以降では回復力が違うため、年をとるほど傷口がふさがるまでに時間がかかるようになります。

そして親知らずの抜歯が遅くなると、下顎管を傷つけるリスクも大きくなります。

親知らずの根元は年齢を重ねるにつれて、大きな神経が通っている下顎管に近づきます。根元が完成しきっていない段階で抜歯すれば下顎管を損傷するリスクは抑えられますが、下顎管近くで根が完成してしまうと抜歯による損傷のリスクや麻痺のリスクが高くなるのです。

「痛い」「怖い」という理由で親知らずの抜歯を避けている方も多いのではないでしょうか? 

親知らずは人によってさまざまな生え方をしているので、きちんと歯磨きをしていてもキレイに磨ききれない部分があり他の歯に影響をあたえたり口臭の原因になってしまうこともあります。

要チェック項目
  • 年齢を重ねるほど、親知らずがもたらすリスクが高い
  • 親知らずを抜歯することで得られるメリットがある
  • 抜歯後の痛みや腫れは状態によって最小限に抑えられる

親知らずの抜歯のメリット

①口臭を予防できる

歯みがきの際に磨き残しがあると、口臭の原因になるプラークという細菌が作られます。

特に横や斜めに生えた親知らずがあると、歯ブラシが入りにくい歯周ポケットができてしまい、磨き残しが出やすいため、口臭につながります。親知らずを抜くと磨き残しを減らすことにつながり、口臭予防になります。

②歯周病のリスクが下がる

親知らずが横向きや斜めに生えると、その下へ食べカスが入り込み、歯周病や炎症を起こしやすくなります。放置すると周りの骨を溶かすこともあり、隣の歯まで抜けてしまうこともあります。親知らずを抜くことで、こうしたリスクを減らすことができます。

③むし歯予防になる

親知らずとその隣の歯の隙間に食べカスが溜まるとむし歯になりやすくなります。症状が進むと隣の歯の根っこ部分もむし歯に侵されてしまい、隣の歯まで抜歯しなくてはならなくなります。また、親知らずの生え方によっては、むし歯治療の妨げになることもあります。早めに抜歯をすることでそうしたリスクを減らせます。

④小顔効果

親知らずを抜歯することで隙間ができ、歯を支えてる骨が痩せるため、人によっては顔がシュッとして小顔効果がみられます。

親知らずの抜歯の腫れや痛み

親知らずを抜く際は麻酔をしているので大きな痛みを感じませんが、人によっては腫れることもあります。

痛みへの対処

抜歯当日に痛みがある場合は痛み止めを服用して、なるべく安静に過ごしましょう。何度もうがいをすると、抜歯後の穴にできたかさぶたが取れて骨がむき出しになる「ドライソケット」になってしまい、激痛を感じることがあります。抜歯後3日間は、患部を触ったり、うがいをしたりするのは避けましょう。

腫れへの対処

通常の向きで生えていた親知らずであれば、腫れる可能性は低いでしょう。横向きに埋まっていた親知らずは、抜歯翌日から3~4日程度腫れがみられることが多いですが、徐々にひいていくので心配ありません。

気をつけたい、抜歯後の食事

抜歯後の食事は、出血がなければ抜歯後30分から可能です。ただし、麻酔が効いていて感覚が麻痺しているため、抜歯から4時間後までは火傷しないように食べ物の温度に注意し、頬の内側を噛まないようにしながら食べてください。

抜歯当日~3日後の食事

痛みや腫れがあったり、下に埋まった親知らずを抜いたりした場合は1~2週間程度口を開けにくくなることがあります。その間は柔らかいメニューにし、傷に触れないよう抜歯した反対側で食べるようにしましょう。

口が開けにくいと、ついストローを使いたくなりますが、吸うことで抜歯した部分のかさぶたが取れてしまう可能性があります。ストローは避けて、コップなどを使いましょう。

武蔵小山ヒロ歯科の基本情報

医院名 武蔵小山ヒロ歯科
TEL 03-5702-4180
住所 〒142-0062
東京都品川区小山4-14-23 豊田ビル102
最寄り駅

武蔵小山駅 徒歩2分
詳しいアクセスはこちら

診療科目 一般歯科・インプラント・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・歯科口腔外科・小児歯科・妊婦歯科・歯科検診