むし歯Q&A

虫歯Q&A

シュガーレスのお菓子なら、食べてもむし歯にはならない?

お菓子の成分を確かめなければ何とも言えませんが、砂糖が入っていないということであれば、むし歯になる確率は低いでしょう。むし歯は、歯垢の中のむし歯菌が食べ物に含まれる糖質から酸を作って歯のエナメル質を溶かしている状態なので、砂糖=むし歯菌の栄養といえます。

甘い物を食べなければ、むし歯にはならない?

A.甘くなくても、むし歯菌の栄養となる糖質が含まれている食べ物はたくさんあります。例えばせんべいやおかき、スナック菓子などにも糖質が多く含まれています。味よりも、糖質が入っているかどうかが重要です。また、むし歯は酸によって歯のエナメル質が溶かされることで起こるため、コーラや黒酢飲料、スポーツドリンク、レモン、オレンジなどの酸性度が高い食べ物・飲み物にも要注意です。

トローチをなめてもむし歯にならない?

一般的なトローチにはのどの炎症を抑える効果の他、口腔内の殺菌・消毒効果があるため、なめることで細菌の減少が期待できます。よって、トローチをなめてもむし歯にはなりません。ただし、甘味料など糖分が添加されている場合は、むし歯の原因になりますので注意してください。

寝る前に甘い物を食べるとむし歯になる?

日中、食べた場合に比べると、むし歯になりやすいといえるでしょう。むし歯の発生を抑える唾液の分泌量は就寝中に激減するため、砂糖が歯に付着したまま寝てしまうと、むし歯菌はどんどん酸を作って歯を攻撃します。

カルシウム入りのお菓子は歯に良いの?

カルシウムを含む食べ物は歯の再石灰化(初期のむし歯を治す力)を促すので、砂糖が添加されていないものであればおすすめです。歯は、食事をして酸の攻撃を受けると少しずつ溶け始めます(脱灰/だっかい)。しかし、食後に唾液の働きによって口の中が中性に戻ると、酸によって溶けた歯の表面に唾液中のカルシウムがくっついて修復をします。これが再石灰化(さいせっかいか)です。

砂糖が入ったお菓子を食べても、むし歯になりにくくなる方法はある?

むし歯になるきっかけは、砂糖や酸が歯に付着することです。つまり、砂糖や酸が歯に付着しないようにすることがむし歯予防になるのです。具体的には、唾液の分泌を増やす、こまめに歯みがきをする、食後にキシリトール入りのガムを噛むなどです。

歯に悪い食べ物・飲み物

①牛乳

①牛乳カルシウム豊富な牛乳は積極的に摂取したい飲み物です。しかし、糖分が含まれているため、むし歯になりやすいともいえます。そのため、飲むのは朝だけにして夜は飲まないなどの工夫が必要です。

②柑橘類

②柑橘類レモンなど柑橘類の果物はビタミンCが豊富です。美容と健康のために摂取している人も多いでしょう。しかし、酸と糖分が豊富に含まれているため、歯にはあまり良くないとされています。また、繊維質が多く、歯と歯の間に挟まりやすいため、むし歯を引き起こしやすくなります。そのため、柑橘類の果物やジュースを摂取した後は、うがいをして酸が口内に残らないようにしましょう。

③スポーツドリンク

スポーツドリンクには砂糖が多く含まれているため、日常的に飲んでいるとむし歯になりやすい傾向にあります。特に就寝前の時間帯に飲んだ後は、歯みがきをしっかりするようにしましょう。

④赤ワイン

④赤ワイン赤ワインは心臓病予防に効果があるなど、健康に良いことで知られています。しかし、ワインは酸性度が非常に高いため、飲んだら1時間以内に歯みがきをしないとむし歯になる確率が上がるといわれています。赤ワインを寝酒として飲み、そのまま寝てしまう人は要注意です。

むし歯予防に効果的なキシリトール

むし歯予防に効果的なキシリトール

キシリトールは人工甘味料のひとつで、ガムやタブレットなど含まれていることが多いです。また、自然界にも存在する成分であり、イチゴやカリフラワー、ナスなどに含まれています。

むし歯の原因となるミュータンス菌は、糖分を分解する働きの中で酸を作り出します。この酸が歯を攻撃してむし歯が発生しますが、キシリトールはミュータンス菌に分解されないため、酸が作られることがありません。よって、食べてもむし歯にならないのです。

また、キシリトールにはミュータンス菌の増殖を防ぎ、プラークを減らす働きがあるため、むし歯の発生・進行を防ぎます。さらに、カルシウムと結合することで、むし歯になってしまった歯の修復(再石灰化)を促進する働きもあります。キシリトールはガムなどで手軽にとれるので、むし歯予防にぜひ取り入れてみてください。

ミュータンス菌って何?

むし歯菌の中でも代表的なのが「ミュータンス菌」です。ミュータンス菌は一度口内に入ると、完全に取り除くことは難しいといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しない菌ですが、唾液を介して感染します。保護者の方などが使ったスプーンやお箸で赤ちゃんに食事を与えたりすることが原因です。

口内のミュータンス菌は、砂糖を分解して「グルカン」というネバネバした物質を作ります。このグルカンが歯の表面に張りつくと、さまざま菌が付着して細菌の塊(プラーク)になります。プラークの中のミュータンス菌が、食べ物や飲み物の糖分を取り込んで酸を作り出し、歯を溶かすことでむし歯になります。

ミュータンス菌を減らす方法

①フッ素塗布

フッ素には、ミュータンス菌の働きを抑えて酸が作られるのを防ぐ作用や、歯から溶け出したカルシウムを歯の表面に戻す「再石灰化」を促進する効果があります。フッ素入りの歯みがき剤を使ったり、3カ月に1回は歯科医院でフッ素塗布をしたりすると、むし歯予防に効果的です。当院では1回300円+税です。

②キシリトールの摂取

キシリトールはミュータンス菌の働きを弱めます。食後にキシリトールガムを噛むと、唾液の分泌が促されて酸の中和や再石灰化につながります。キシリトール入りの食べ物はさまざまありますが、キシリトールが50%以上含まれているものがおすすめです。

③歯のクリーニング

ミュータンス菌の温床になるプラークを放置すると、菌が増殖してバイオフィルムというバリアのようなものを作り出します。バイオフィルムは粘着力や耐性が強く、歯みがきだけでは落とすことができません。バイオフィルムの完全除去には、歯科医院で歯のクリーニング(PMTC)を受けるのが効果的です。

武蔵小山ヒロ歯科の基本情報

医院名 武蔵小山ヒロ歯科
TEL 03-5702-4180
住所 〒142-0062
東京都品川区小山4-14-23 豊田ビル102
最寄り駅

武蔵小山駅 徒歩2分
詳しいアクセスはこちら

診療科目 一般歯科・インプラント・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・歯科口腔外科・小児歯科・妊婦歯科・歯科検診