マウスピース矯正

当院では、「インビザライン」というマウスピース矯正を行っております。

インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインとは、マウスピース型の矯正治療です。目立ちにくく、ご自身で取り外し可能なので「矯正装置を付けるのに抵抗がある」「矯正していることを他の人に知られたくない」などのお悩みがある方にピッタリの矯正です。

インビザラインの特徴

 

インビザラインは歯列矯正の先進国・アメリカで1998年に開発され、現在は世界80カ国以上、400万人以上の患者さんの矯正治療に使われています。

インビザラインのマウスピースは、オリジナルソフトウェアの3D画像をもとにして、患者さんの理想の歯並びをシミュレーションしながら作成します。それぞれの歯並びに合わせて段階的に矯正していくため、身体への負担もありません。

実際の治療では、透明のマウスピース「アライナー」を1~2週間ごとに交換して矯正していきますが、アライナーは金属のブラケットワイヤーより軽く、ワイヤー矯正にありがちな口腔内の損傷がほとんどありません。まれにアライナー装着時に締め付けられるような窮屈さを感じることがありますが、食事や歯みがきの際にご自身で取り外すことができるため、ストレスフリーで矯正できます。

 

インビザラインのメリット

目立ちにくい

歯の表面にワイヤーを装着する従来の矯正装置の場合、見た目が気になるという方が多いですが、インビザラインは透明なマウスピースを使用するため、周囲の人に気づかれることなく矯正治療が可能です。

痛みや違和感が少ない

インビザラインは、3Dシミュレーションで歯の移動を予測しながら、必要最小限の力で歯並びを調整していきます。そのため、矯正治療特有の痛みや違和感を軽減できます。粘膜にも優しく、口内炎のリスクも抑えられます。

取り外し可能でケアが簡単

従来の矯正装置とは違い、取り外し・丸洗い可能なので食事や歯みがきに支障がありません。さらに、マウスピースは1~2週間で交換するので、いつでも清潔でいられます。

通院回数が少なくて済む

従来のワイヤー矯正は、月1回の定期的な通院が必要でしたが、インビザラインはご自身でマウスピースを交換できるので通院回数が少なくて済みます。そのため、海外留学や長期出張がある、忙しくてなかなか通院できないという場合でも問題なく矯正を続けられます。

装置のトラブルが少ない

従来のワイヤー矯正では、金属ワイヤーやブラケットの外れ・破損といったトラブルが起こることもありましたが、インビザラインでは装置のトラブルがほとんどありません。

食事や趣味に支障がない

従来の矯正装置では、楽器を吹いたり、スポーツをしたりする際に口腔内を傷つけるなどの支障が出ることもありましたが、インビザラインではそうした心配はありません。また、繊維質の野菜やお肉などの歯に引っかかりやすい食べ物も今まで通りに楽しめます。

インビザラインの注意点

インビザライン

インビザラインは、マウスピースの装着時間が少ないと矯正がスムーズに進みません。装着時間をしっかりと守ることが大切です。また、歯並びや噛み合わせによっては、インビザラインを適応できない場合がありますのでご了承ください。

なお、インビザラインは従来の治療法とは異なる技術や知識が必要となるため、ドクターの力量によって適応範囲や治療結果に差が出ます。

当院のドクターは豊富な経験と実践的な知識がありますので、安心してお任せください。

 

武蔵小山ヒロ歯科の基本情報

医院名 武蔵小山ヒロ歯科
TEL 03-5702-4180
住所 〒142-0062
東京都品川区小山4-14-23 豊田ビル102
最寄り駅

武蔵小山駅 徒歩2分
詳しいアクセスはこちら

診療科目 一般歯科・インプラント・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・歯科口腔外科・小児歯科・妊婦歯科・歯科検診