ブログ

2020.04.07

当院のコロナウイルス対策について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、患者様におかれましては少しでも安心して通院していただくために当院では以下の対応を行っております。

【院内につきまして】
・院内の空気をオペ室と同等に綺麗にしております。
・ユニット1台ずつ全ての診療台に口腔外バキュームを設置しております。
口腔外バキュームは、通常の口の中に入れるバキュームだけでは吸いきれない切削治療時に口腔外に飛び出す汚染物質を流体力学に基づいた設計によって、汚染物質除去率99%以上の評価(厚生労働省)を得ています。
・タービン専用オートクレープでタービンの感染防止対策を行っております。
・外来環施設に厚生労働省から認定されております。
・患者様毎に徹底した器具の滅菌やチェアの消毒を行っております
・待合室には次亜塩素酸による空間除菌を常に行っております。
・従業員や患者様の触れる場所すべてに抗ウイルスコーティングを行っております。
・定期的な換気を行っております。

【院内の空気を、オペ室のようにキレイにしています】
~口腔外バキューム・高機能加湿空気清浄機 完備~

個室タイプの診療室やオペ室で口腔外バキュームがない場合、その室内には大量の切削粉塵や、注水噴霧が浮遊しています。

口腔外バキュームは、通常の口の中に入れるバキュームだけでは吸いきれない切削治療時に口腔外に飛び出す汚染物質を流体力学に基づいた設計によって、汚染物質除去率99%以上の評価(厚生労働省)を得ています。

歯科医院での普及率はまだまだ低く、設置されていない所や、1台しか置いていない所などが多いですが、当院では安全のために全ての診療台に口腔外バキュームを取り付けています。

高性能加湿空気清浄機また、当院の空気清浄機は、LAN回線より屋外の空気情報を蓄積・分析し、気になるところを狙って消臭・除菌をします。

口腔外バキューム、空気清浄機を使って、院内の空気をキレイに保っています。

 

【院内感染・滅菌対策】

当院は、全ユニットに口腔内バキュームを設たり、全ユニットを半個室にする事で院内での感染予防を図っております。 また、オートクレーブ2台、超音波洗浄機2台、タービン専用滅菌器、4種類の薬液消毒を完備しており、どのような場合でも常に滅菌の行き届いた環境で治療をしております。

患者さんの安心・安全を第一に考える当院では、1回の治療ごとに器具を完全減菌し、ディスポーザブル(使い捨て)器具を使うなどの工夫で院内感染防止に取り組んでおります。

ドクターが使う診療用グローブや、患者さんが使うエプロンやコップはディスポーザブル(使い捨て)にしつつ、完全減菌した器具を1回の治療で使う分ごとにパックして、患者さんの前で開封するようにしています。 こうした感染防止対策は、患者様にとっては本当に行っているのかどうかがわかりにくい取り組みでもあります。

そのため、一部の歯科医院で治療器具の滅菌が十分でないことが問題になったケースもあります。 滅菌を徹底的に行うには、ある程度の費用や手間がかかります。治療の度に減菌を行うとなると、その分器具を多く揃えなければなりません。

また、減菌処理によって器具の劣化が進みやすくなり、買い替えのペースが早くなることもあるからです。そのため、経済的な問題から滅菌処置を怠っている歯科医院が存在するのが現状です。 

当院は数多くのハンドピース類・ドリル類を確保し、滅菌済みの器具を十分に用意できる環境を整えています。

院内感染防止を徹底することは、患者さん同士の感染を予防することはもちろん、ドクターやスタッフの安全・健康を守ることにもつながります。

 ※当院は「歯科外来診療環境体制施設基準」を満たした歯科医院です。

2020.01.20

今年もスタッフ一同頑張ります。

昨年度のスタッフ表彰時

 

2019.04.16

GWの診療について

4月28日〜5月6日まで休診となります。
5月7日から通常通り診療しております。

2019.01.18

ブログを始めました。

ブログを始めました。今後ともよろしくお願いいたします。