矯正歯科

 

矯正歯科とは?

矯正歯科とは?

矯正歯科とは、歯が不揃いである、うまく噛み合わないといった不正咬合をしっかり噛み合うようにし、見た目もキレイにしていく治療です。矯正装置を使って歯やアゴの骨に力をかけてゆっくり動かすことで、歯並びと噛み合わせを整えていきます。

不正咬合をそのままにしておくと、食べ物をしっかり噛めない、言葉の発音に支障が出る、むし歯や歯周病になりやすい、口臭が発生する、あごの関節に負担がかかる、歯が折れやすいなどのデメリットがあるため、早めに対処することが重要です。

 

矯正の無料相談について(矯正認定医による)

矯正治療は患者様それぞれの口腔内の状態に合わせて適切な装置を選択する必要があります。自分にはどんな矯正が合っているのか気になる方も少なくないと思います。そんな時の為に気軽に相談出来るよう当院では矯正認定医による『矯正の無料相談』を行っております。矯正をご検討されている方や歯並びにお困りの方はお気軽にお問合せください。

矯正の方法は大きく分けて3つあります

矯正

ワイヤーや固定装置を使い、歯の位置を調整しながら動かす方法です。
歯を削らずに歯並びを変えたいという患者様に向いています。

セラミック矯正

削った歯の上からセラミックなどの被せ物を装着して、歯の向きを変える方法です。
短期間でキレイな歯並びにしたい患者様にオススメです。

マウスピース矯正

取り外し可能な、透明なマウスピースを装着して歯の位置を動かす方法です。
金属アレルギーの方や、矯正中の見た目が気になる方にオススメです。

矯正の種類について詳しくはこちら >>>

マウスピース矯正について詳しくはこちら >>>

セラミック矯正について詳しくはこちら >>>

 

当院の矯正歯科の特徴

矯正専門医による矯正歯科

当院の矯正治療は、矯正専門医によって行われます。専門知識や技術を十分に持った経験豊富な歯科医師が患者さんに合わせた矯正プランをご提供いたしますので、安心してお任せください。

気軽に矯正について知りたい!「無料相談」対応

矯正に関する相談を無料でお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※診察料は別途かかります

インビザライン(マウスピース矯正)の実績多数

インビザライン

「矯正」と聞くと、銀色のワイヤーを装着しているイメージがありませんか?当院では、そのようなイメージをお持ちの方に、透明で見た目の気にならない装置をおススメしております。
マウスピース矯正について詳しくはこちら≫≫≫

矯正治療中のむし歯や歯周病、歯のクリーニングにも対応

矯正治療中は歯磨きがしにくくなることから、虫歯や歯周病のリスクが高まります。当院は矯正以外に様々な症状に対応できますので、歯の健康を気にかけながら治療を続けることが出来ます。

当院おすすめのセラミック矯正

当院おすすめのセラミック矯正

通常、矯正治療には数年かかるとされていますが、セラミック矯正の場合は1週間~4週間で治療が終了します。歯の色、形も変えることが出来ますので、おすすめの矯正治療方法です。

矯正治療が必要な「不正咬合」

不正咬合には、以下のような種類があります。

八重歯、乱ぐい歯(叢生)

八重歯、乱ぐい歯(叢生)

八重歯とは上の糸切り歯が飛び出している状態で、乱ぐい歯とは歯並びがデコボコになっている状態です。歯が並ぶ場所(骨の大きさ)とそれぞれの歯の大きさのバランスが悪い場合に発生します。これらの歯は、歯みがきの際に歯ブラシが届きにくいため、磨き残しが出やすく、むし歯や歯周病の原因となります。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)出っ歯とは、上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯並び全体が前に出ていたりしている状態です。また、下のあごが小さい、後ろにあるなどの理由から出っ歯に見えることがあります。出っ歯の場合、口を閉じるのが難しく、顔への衝撃で前歯を折ったり、唇を切ったりしやすいというデメリットがあります。噛み合わせも悪くなるため、下の前歯が上の前歯の裏側の歯ぐきを傷つけやすい傾向にあります。

受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)受け口とは、下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせのことです。上下の前歯の傾きに問題がある場合と、下あごが大きすぎるまたは上あごが小さすぎる場合があります。あごの大きさはあごの骨の成長によって変化するため、あごが原因の場合は矯正期間が長期になります。放置すると食べ物がうまく噛めなくなり、不明瞭な発音になりやすいため、早めに対処することが肝心です。

開咬

開咬開咬とは、噛んだ時に前歯がしっかりと噛み合わない状態です。放置すると前歯で食べ物を噛み切ることが難しくなり、正しい発音ができなくなります。小学生になっても指しゃぶりをしていること、舌の癖や遺伝的な問題が原因となることが多いです。

手術が必要な顎変形症

食べ物が噛み切れない、歯並びの真ん中がズレている、噛み合わせが逆になっている、下あごが出ていて曲がっているなどの場合は、矯正治療のみでは安定した噛み合わせにすることが困難であり、手術が必要になることがあります。矯正治療に加えて、あごの曲がりの改善を目的としたあごの骨に対する外科手術を併用する場合もあります。手術では上あごの骨を前方に、下あごの骨を後方に移動させて、手術前後に矯正治療で歯を動かすなどの処置を行います。手術の際は入院が必要となりますが、顔に傷跡が残ることもなく、安全度の高い手術ですのでご安心ください。

武蔵小山ヒロ歯科の基本情報

医院名 武蔵小山ヒロ歯科
TEL 03-5702-4180
住所 〒142-0062
東京都品川区小山4-14-23 豊田ビル102
最寄り駅

武蔵小山駅 徒歩2分
詳しいアクセスはこちら

診療科目 一般歯科・インプラント・矯正歯科・審美歯科・予防歯科・歯科口腔外科・小児歯科・妊婦歯科・歯科検診